野球漫画でキャッチャーが主人公・メインのおすすめ15作品【無料で読める】

野球漫画は数多く発売されていますが、ポジションがキャッチャー(捕手)を主役・メインキャラした物語は少ないです。

 
キャッチャーは試合中にずっと座っていて動きが少なく、比較的打撃よりも守備の要素が強いポジションであり、漫画の主役としては華持ちさせてにくい難点もあります。

 
しかし、投手の女房役として配球を組み立てたり、試合の流れを読んでチーム全体をコントールする重要な役割であることは間違いありません。

 
第二の監督と表現されるほど頭を使うポジションでもあります。

 
そこで今回は、「エースや大打者が主役の漫画にはもう飽きた!」という方のために、キャッチャーを主役もしくはメインキャラで描いた漫画、おすすめ20作品を紹介します。

 
紹介する漫画を無料で読めるサイトリンクも貼っておきますので、興味がある人は是非読んでみてください。

 

キャッチャーが主人公の野球漫画 11作品

まずは主人公がキャッチャーを務める漫画を紹介します。

 
視点がキャッチャーであるため、試合中に展開を読むシーンや相手打者との駆け引きも詳しく描かれています。

 
野球好きや経験者も新しい目線で楽しむことができますね。

 
また、打者としても4番をはじめクリーンナップを担うケースが多く、攻守に渡ってチームを支える姿に読み応えを感じることができるでしょう。

 

バッテリー

夏の甲子園大会、決勝戦。

西東京代表の国分寺南高校は9回裏に逆転サヨナラ負けを喫したものの、春のセンバツ優勝に続き、夏も準優勝という成績を収めた。

その原動力になったのが、海部一樹と武藤洋介という超高校級のバッテリーだ。

ドラフトを前にし、二人のもとに名門・東京イーグルスのスカウトがやって来た。

イーグルスが憧れの球団の武藤は即決したが、海部は自分の力で弱いチームを優勝させたいと、毎年Bクラスの弱小チーム・小倉メッツを希望する。

【おすすめポイント】

正反対の道を歩んだ2人の主人公。

強豪に入団した高校No.1捕手の武藤は、プロの壁にぶち当たりながらも懸命にもがきます。

野球としての面白さはもちろん、人生の選択についても考えさせれます。

おれはキャプテン

こいつが話題沸騰の、野球マンガ史上「もっともふさわしくないキャプテン」だっ!!

--狛駒(こまごま)中野球部の新キャプテンは、万年補欠のネットオタク(!?)、霧隠主将(きりがくれ・かずまさ)である。

引きこもりの荒療治としてキャプテンに任命されたカズマサは、頼りなさを払拭(ふっしょく)したとたん、鬼キャプテンの本領発揮!

掲(かか)げたクラブの目標は、なんと「打って打って打ち勝つチーム」……!?

超・中学生級ぶっちぎりの野球伝説、プレイボール!

【おすすめポイント】

万年補欠の主人公・霧隠がまさかのキャプテンに任命!

せっかくの機会だと主将+捕手の大役を担い、奮起する姿は読み応え抜群です。

チームが良い方向に変化していく様子も鮮明に描かれており、野球を知らない人でも心躍る作品。

 

ロクダイ

野球漫画史上、最もキャプテンに相応しくない男が帰ってきた! 

1浪の末、東京大学に進学したカズマサ。

3年の秋、ついに野球部キャプテンに!

朋王学園野球部の仲間も次々とカズマサの元に集い、新たなメンバーとともに、いよいよ大学野球の花形・東京六大学リーグ、本格参戦へ!!

【おすすめポイント】

漫画「おれはキャプテン」の続編にあたる作品。

野球漫画では珍しく東京大学をモチーフしており、強豪相手に頭脳で下克上を狙います。

旧友達とのコンビも健在で、学力+チームワークでリーグの台風の目に!

 

弟キャッチャー俺ピッチャーで!

一緒に甲子園に行こう--。

幼い頃、兄弟で誓った約束だったが、家庭の事情では離れ離れに…。

数年後、ふたりは再会を果たすが、兄はお調子者のピッチャーに、弟はグレて野球をやめていた…。

弟に再び野球をやらせようとする兄だったが…。

凸凹バッテリーが繰り広げる、熱血!格闘!?王道野球コミック、ここに開幕!

【おすすめポイント】

かつて関東最強バッテリーだった投間兄弟が素敵です。

弟・世史(ヨシ)がグレていますが、兄・一矢(イチヤ)が持ち前のおちゃらけさで猛勧誘。

兄弟の絆が復活した時から、野球部の大躍進がスタートしていくのです。

熱い気持ちになりたい時は時にオススメです!

 

バトルスタディーズ

「強育」は愛、栄光への通過儀礼。

生きる術は全て「PL野球部」で学んだ。

18人で天下を獲ろう。

俺たちの前に、道はできる。

元PL球児が描く超リアル高校野球漫画!

凸凹バッテリーが繰り広げる、熱血!格闘!?王道野球コミック、ここに開幕!

【おすすめポイント】

PL学園出身の作者が高校野球・体育会系のリアルを描いています。

1年生=奴隷、2年生=平民、3年生=神様。

年功序列と一体感の矛盾の中で、主人公・笑太郎が部のしきたりを壊していく。

笑太郎は明るく、破天荒であり、どん!と構える理想の捕手!?

 

バディストライク

バッテリーを組んだピッチャーは、最高の球を投げられるかわりに魂をとられて死ぬ――。

死神と恐れられるキャッチャー・安導 要と、ノーコン豪腕ピッチャー・荒狼 亮が出会う時、甲子園への扉が開かれる…!? 

直球青春野球ストーリー、開幕!!

【おすすめポイント】

野球というよりヒューマンストーリーで展開されていきます。

試合のシーンもほぼないため、野球を題材にした漫画と捉えたほうが良いかも。

少しもの足りないですが、話数も短いため、すぐ読みたい人はもってこいの作品!?

 

MAJOR 2nd(メジャーセカンド)

吾郎の息子・大吾は、才能のなさと二世の重圧から、ドルフィンズをやめていた。

だが野球を諦めていた小6の大吾の元へ、一人の転校生が現れる。

佐藤寿也の息子と名乗る光の登場で、大吾の野球人生が大きく変わり始め…?

【おすすめポイント】

大ヒット漫画「MAJOR」が当時のキャラの子供達で展開!

性格は五朗と真逆な(?)息子がどんどん成長していく姿は楽しいです。

中学野球編では女子に混ざって部活をせざるを得ない事態になり・・・

正捕手&キャプテンとしての大吾を誰もが応援したくなる!

 

キラリが捕る

日本プロ野球界よ、見よっ

――それはやってきた。美輪キラリ、19歳、キャッチャー、番号02、日本プロ野球界初の女性選手! 

彼女の目的、それは球界を永久追放された父の汚名を晴らすこと…

それが出来るのは娘である彼女だけ。

飛び散る汗! 

躍動する肉体!!

キラリの青春の全てを賭けた戦いが今、始まる。

【おすすめポイント】

「土竜の唄」で有名な高橋のぼる先生の野球漫画!

19歳でプロ初の女子選手という破天荒な設定も、なぜか腑に落ちるくらい自然に描かれています。

プロを目指すきっかけとなる父とのストーリーも思わず泣けてきます。

捕手としてチームを支え、目指すは球界の盟主!

 

MIX

新連載予告発表以来、日本中で話題となったあだち充新連載「MIX」。

全あだちファン待望のコミックス!

舞台は明青学園。

同年同月同日に生まれた同い年の兄弟とひとつ違いの妹。

上杉兄弟の伝説から26年、運命の兄弟は今再び明青学園の扉を開く。

そして、物語は始まる―――

【おすすめポイント】

立花兄弟が再び明青学園を日本一へ!

捕手は兄・総一郎が担い、巧みなリードで弟・投馬を牽引します。

古豪復活へ進むかつての名門の復活劇は素敵ですね。

コミック累計も750万部を突破!!明青の夏はまだまだ続く!

 

バツ&テリー

バツ&テリーこと抜刀 軍、一文字 輝 ―海峰高校一年。

とにかくハンパじゃない二人組み。

豪腕投手のバツとスラッガーのテリーは、神奈川県下でも注目の逸材なのだが、練習はマイペースで、部長や応援団をいつも怒らせてばかり。

野球だけが青春じゃないと、恋に、バイクに、ケンカにと、パワーを全開させている。

そんな痛快コンビが、暴走族”愛狂”のマスコットガール、白木アンと出会い・・・。

【おすすめポイント】

破天荒コンビが野球に女に喧嘩に大暴れします!

スカッとするシーンが多いので、読んでて爽快になりますね。

あと、キャッチャー・テリーの髪型でどうやってヘルメットをかぶっているのか・・・!?

注目して読んでください!

 

群青にサイレン

修二と空はイトコ同士。かつて空のせいで野球をやめた修二は、高校の入学式で空と再会。

体の小さな空を見て、「今なら勝てる」と思った修二は野球部に入部することに…。

【おすすめポイント】

主人公・修二はかつてのライバルだった空とバッテリーを組むことに。

マウンドへの憧れを抱きつつも、空の投球を受けることに次第に喜びを覚えていきます。

徐々に関係が良化してきた矢先、経験豊富な別の捕手が入部してしまい・・・・

ライバル→チームメイト→仲間と修二が空との距離を縮めて人として大きく成長していく姿が良いですね。

 

キャッチャーがメインキャラの野球漫画 4作品

キャッチャーが主役ではないものの、主役を支えるメインキャラクターになっている漫画もあります。

 
野球では「バッテリーで8割試合が決まる」という格言もあるように、どの漫画でもキャッチャーは欠かせない存在なのでしょう。

 
女房役として味のある性格なキャラクターが多く、親しみを持って読み進めることができますね!

 

ラストイニング

関東某県にある彩珠学院高校野球部は、甲子園初出場で初優勝を果たした過去がある。

しかし現在は毎年1、2回戦での敗退続き。

元野球部監督の狭山校長は13年前の部員で、現在は悪徳商法で留置所に入っている鳩ケ谷を訪ね、新監督に就くよう依頼するが…。

汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ!

かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ケ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

【おすすめポイント】

常識を覆す野球漫画の一つです。

主人公・鳩ヶ谷監督ですが、現役時代のポジションがキャッチャーであり、野球に対する考え方は勉強になりますね。

留置所から野球部の監督という破天荒な設定ですが、気にならないほどにしっくりくるキャラクターです。

野球経験者でも意表を突かれる策略に毎回驚かされますね!

 

ダイヤのA

中学全国大会を目標としていた沢村栄純(さわむら・えいじゅん)。

最後の大会は自らの暴投で敗退してしまう。

仲間とともに高校でリベンジを誓うなか、名門、青道高校野球部からスカウトが来る。

見学に訪れた沢村は、いきなりエリート校の洗礼を受けることに!

 名キャッチャーの呼び声高い御幸一也(みゆき・かずや)との出会いが沢村の高校野球への情熱を目覚めさせる!!

【おすすめポイント】

主人公の沢村を女房役で支える捕手・御幸に注目です。

中学生ながら完成された捕手であり、周囲からの「天才」と呼ばれていきます。

投手の良さを引き出すリードと巧みな打撃をもち、攻守揃った理想の選手だけに経験者は参考点も多いはず!

 

名門!第三野球部

野球は大好きだが才能がない檜(ひのき)あすなろ。

そんな落ちこぼればかりが集まった桜高校の野球部3軍・第三野球部は、ある日、監督から解散を告げられてしまう。

まともな練習ができず、一度も試合ができなかったあすなろ達だが、最後のはなむけとして1軍と試合をするチャンスを得る。

もし1軍に勝つことができたら、第三野球部は解散をまぬがれ、1軍になれる! 

あすなろ達の必死の猛練習が始まった!!

【おすすめポイント】

3軍にいる高校生たちが1軍相手に奮起を見せます。

虐められている主人公のあすならが日々成長していく姿はかなり感動します。

1学年上の海堂が捕手・主将としてチームを支え、甲子園を目指す野球部を見ると、読んでいるこちらも奮起しますね!

 

Mr.FULLSWING

猿野天国は十二支高校1年B組15歳、彼女いない歴15年、無茶を繰り返すパワフルバカ。

入学早々、野球部のマネージャー鳥居凪に一目ぼれし、全く野球経験がないのに野球部に入部…しようとするが、なんと今年から入部試験が導入された!?

【おすすめポイント】

他の野球漫画とは異なり、各部員に「必殺技」があります!

捕手役の辰羅川信二は地味なキャラながらも思慮深く、モデルはあの古田敦也選手のようです。

作中でも相手の作戦を看破ったり、明確な戦略を打ち出すなど捕手としての魅力は十分すぎ!

おすすめの記事